読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグルキーワードツール使うのはやめたほうがいい

www.dangouwasa.com

この記事読んだんだけどこの記事の内容ってグーグルキワードツール使って需要のありそうな検索ワード抜き出して記事書くとPVあがるよ!

っていう内容なんだけどこの手法やってると絶対低品質なペナルティくらうから!

この手法すっげぇPV伸びるんだけど安全なのは10万PVぐらいまでで20万PV超えると片っ端から手動食らうからやめたほうがええ。

つーか過去にこれでトレンドブログ全滅してるからね。

僕も経験者なんだけど。僕は150万PVぐらいまでいったかなー。あの時期はまだペナルティとかなくてうはうはだった。

 

綾瀬はるか スリーサイズで検索すると・・・

綾瀬はるか スリーサイズ - Google 検索

似たようなタイトルでてくるでしょ?中身をクリックすると似たような文章。

グーグル先生は上位表示に多様性を重視してると思われるのでこーいうのが一番嫌われる。

グーグル検索して同じようなのがずらっとでてきたら嫌じゃん・・・。

じゃあ他の検索エンジンつーかお!ってなるとグーグル的にまずいやん?

なんでこーいうのは即効で低品質ペナルティくらいます。

グーグルキーワードツール使うの止めたら?

って僕は思ってるんですよー。このツール使うとどうしてもそのワードで悩みを連想しちゃうんで似たようなタイトル。似たような文章がぞろぞろ並ぶ。

これを一人だけ使うならいいんだけど少しブログかじった奴なら知ってるから皆がんがん使う。グーグルキーワードツール使って書くとあーこれどっかでみたわーってのが量産されるわけ。

その積み重ねで直帰率あがって滞在時間減ってフレッドアップデードでボカン。

ってのが僕の推測。

検索してくるユーザーともっと向き合ったらどうやろか?

ブログ運営を趣味かなんかでしてるなら別に全然いいんだけど収益化めざしてるなら手抜き記事ほんとやめたほうがいい。

上のブログのロマサガ3の記事とか超手抜きやん。知らない僕が見ても手抜きだと分かるレベル。

ロマサガ3好きならリメイクにあたってもっとこのキャラにスポット当ててほしい!とかこのイベントのここだけはリメイクしっかりしてほしい!とかあると思うのよ。

ロマサガ3って有名だしリメイクするにあたって新規でプレイする層もいるからそういう層に向けてロマサガ3のここがすき!ってめっちゃ熱く語ってもいいし必要なゲームの本体の使い方とか詳しく書く事で報酬も増える。

そーいう自分にしかかけない事を記事内に入れる直帰率下がって滞在時間も増えてブログ、記事の評価も上がる。

なんでかっつーとその分野に詳しい記事を書くとニッチな単語というのが絶対に記事内で複数まぎれてくる。

そういうニッチな単語を含む複合ワードで何件も1位とると順位は体感かなりあがりやすい。

逆に言えばそういうニッチなワードが入っていない記事というのはすげぇ順位上がりにくいんだよね。

10000文字書こうがあがらない。どれだけSEO重視してもあがらない。

だから記事書くときはニッチな単語を入れるように努力してるんだけど・・・ツールではでないんで自分の脳みそからひねり出すしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッドアップデートで圏外に飛ぶのはコンテンツがぺらいから

keiei-manage.hatenablog.jp

www.bloglifer.net

この二つの記事を読んでフレッドアップデートがあったのを思い出したんだけど僕のメインサイトはとばなかったんだよね。むしろ順位上がって収益も増えた。

記事中に広告はってると順位が下がるみたいなこと言われてたけど影響なしでした。

でまぁフレッドアップデートでとんだサイトってどんなんかなーって検索していくつか目を通したんだけどすべてのサイトがぺらいぺらぺらである。

記事を読むと「うわぁこれどっかで見たなぁ」のオンパレードである。

ぱっとみの僕でさえそう思うのだから検索してきたユーザーは即離脱!

その結果滞在時間が減り直帰率も上がりグーグル様からペナルティを食らう。

って感じだと思います。

下にちょっと例を書くけどまじでこんなサイトばっかりだった。

アフィリエイするなら絶対に入れておきたいプラグイン10選!

えー今日はアフィリエイトをする際にワードプレスのお勧めプラグインを紹介していきます。

 

プラグインA。これは鉄板ですね

プラグインB。こちらもお勧めです

プラグインC。サイトの表示をお勧めするプラグインです。

 

以下読みたいお勧めの記事はこちら!

 

SEOを意識したタイトル。文字数は1500文字以上。タイトルと剥離した中身のないぺらぺらな文章。記事下にあわせて読みたいお勧め記事。

の4点セット。

 

僕から言わせりゃこれ詐欺だよね。お勧めっつーから開いたのに全然お勧めじゃないじゃん!手抜きで文字数多くして10個プラグイン並べただけじゃん!みたいな!

こういう中身のない文章を常日頃から書いてるサイトがペナルティ食らってるなーって感じです。

 

中身のある文章ってなんやねん

一言で言えば書き手の感情が篭った文章であること。

ユーザーも馬鹿じゃないんで手抜きして書いた記事ってのはやっぱわかっちゃうんですよ。

僕が書くときはいつもこんな感じにしてる。

①ブログの検索ワードから悩みの深そうなワードをチョイスする。

②検索してライバルのサイトをひととおりチェックする。

ライバルサイトに載っている情報+ライバルが手抜きしている部分をより詳しく自分の感情を乗せて一番最初に文章に書く。

内容がぺらいサイトってのは③が大体手抜き。リライトして終わりとか。もうちょっと頑張ってちらばってる情報まとめて終わりとか。

そういうのって後発サイトがリライトして+αしたら負けます。

じゃあどうすればいいの?って話なんだけどコピペできないように自分の感情を乗せて書く。

そうすると読者も「このサイトそこらへんのサイトとは違うな」と感じて読んでくれます。

そういう感情って自分がそのジャンルに相当詳しくないと出てこないんでやっぱ書きたいこと素直に書くのがいいと思うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この化粧品は1980円という格安でなんとプロテオグリカンが入ってます!これってすごくないですか!

というような文章を書いている糞サイトを今日の朝からいくつも見てしまってげんなりしている僕。

読者からすれば1980円でプロテオグリカン入ってる。だから何?って感じ。

競合商品のチェックとかしてたんだけどそれにしてもやべぇな・・・。

これはアフィカス扱いされてもしゃーない。

 

商品売りたい人はよくこういう文章の書き方するんだけど絶対売れねぇ。

 

続きを読む

検索流入目的で○○100選とかぺらいコンテンツ作るのマジやめろや

僕ね漫画とかアニメとかめっちゃすきなんすわ。特に漫画は好きで新しい漫画ないかなーって常に捜してるんだけど検索上位ででてくるタイトルが「絶対に面白い!僕がお勧めする漫画100選」!みたいなのがめっちゃでてくんのよ。

漫画 お勧め - Google 検索

 

あれほんとやめろ。くその役にも立たないから。僕が漫画捜すときの邪魔になる。

これほんとに人が書いてるのかって疑うレベル。ロボットが書いてるんじゃねぇの?

100文字ぐらいちょろっと漫画のあらすじみたいなの書いてアマゾンのリンクぺたっと張ってそれを100回か200回繰り返してるだけじゃねぇか。

もう勘弁してくれ・・・。僕に漫画をくれええええええええ。

 

続きを読む

アフィエイトするのはいいけど情報商材は人を不幸にするから手を出すんじゃねーぞ

アフィリエイト始める人は人生つみかけの人が非常に多いので情報商材に非常にひっかかりやすい。

僕もその内の一人だったんだけど途中で洗脳から目を覚ました。

情報商材はその特性上人を不幸にするので今日は情報商材にひっかからないコツとかをかいていきたいなと思います。

間違っても情報商材人に売ったりするんじゃねぇぞ。売ったら人として終わりだ。

 

続きを読む

今2サイト目作ってるんだけどこれ絶対確定100万いける

2サイト目作ってて記事10個入れて作って今から寝るところなんだけどこれ絶対確定100いけるわ。1サイト目とあわせれば400ぐらいいくんかなー。

いやーアフィッテやっぱ夢あるわ

連絡フォームから○○の記事読みました。お勧めの○○ありますか?というのがメアドに届いた。

このサイトはいけるって確信したね。

 

そして何より17歳の女の子からのお便りなんですよ!!つまりJK!!!!!!!!!!

今の今までおっさんからのメールは何通もきてたけどJK!!!!

あまりの感動に僕はこうして記事を書き喜びをかみ締めている。

ぶっちゃけ月100万達成したときより嬉しい。

 

続きを読む

僕の大好きなヒトデさんがアフィカスになりつつある

www.hitode-festival.com

 

おお・・・なんという事だ。僕の大好きなヒトデさんがアフィカスになりつつあるではないか!

今はリンク消えてるけど月何百万も稼ぐ人間が情報商材もどきを売ってはいけない(戒め)

というか記事は消したほうがいいと思うけどな。信用問題に関わる。

 

アフィカスがなにいってんねん!お前がいうなや!と突っ込まれればそうなんだけど・・・。

 

続きを読む