ランディングページ(LP)が糞だと記事を書く前からCVしないとわかってしまう

この化粧品のPR記事書いて欲しいんですよぉ。20万だすんで!

っていわれたんだけどLPが糞過ぎてお断りした。

他のASPからも得単出すんで~って依頼来てたからかなり予算普段に使ってるんやろなー。

でも売れない。LPが糞だから。

大事な事なので2回言いました。

 

ぽっちゃりおなかというキーワードで集めてぽっちゃりおなかで悩んでいませんか?というLPに飛ばしても売れない

 

さすがにジャンルとか商品とかがばれるとアレかなと思うんで例えで書こう。

上のように集客してくださいと担当者にいわれたんだけど売れないし記事かいても無駄ですよ。といっておいた。

 

ぽっちゃりおなかで悩んでいるユーザーをぽっちゃりおなかで悩んでいませんか?というLPにとばすとどうなるだろうか?

そんなんしってるわ!!はーまじで糞(ためいき)→離脱

 

LPとばしていきなりこれだとマジで売れない。

アフィリエイト初心者がよくおちいる罠である。

 

ここまでいってもわからない人もいるだろうからオナニーで例えようか。

オナニーする為にネットサーフィンしてるときにあなた性欲たまっていませんか?みたいなサイトがでてきたらモニター叩き割りたくなるやろ?

 

担当者マジで使えなさ過ぎるやろ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パクリブログを1クリックで通報する機能がほしい

僕のメインブログってコピー禁止のプラグインいれてないんですよね。

 

お悩み解決系だからユーザーの人がコピペできたほうが検索しやすいかなと思って入れてないんだけど・・・。

 

パクられる。コピペされまくり。温厚な僕でも切れるレベル。

 

通報するのがめんどくさい

ほんとめんどくせぇんだわ。僕のブログぱくってるのってひとつのブログじゃねぇんだよ・・・。10個以上はある。

 

僕が2週間書けて書いた記事なのに画像もぱくられてちょっとだけリライトして僕が記事をあげた3日後にもうそのパクリ記事がアップされてるって言うね。

 

しかもむかつくことに僕が狙ったキーワードの3つ下の順位にいるっていう・・・

 

しかも僕の記事が読者からパクリ扱いされるって言う屈辱(これでそのブログに気づいた)

 

ほんま糞。

 

通報も通報でいちいちURLはってしなきゃめんどくせぇし。これだったらぱくったほうが手間も少なくて儲かるって結論になるやん。

 

切実にパクリブログ見つけたら1クリックで撲滅っていう機能がほしい。そういうサービスでもいい。

月に30万は払ってもいいレベル。

 

 

アマゾンへのアフィリエイトリンクをASPのリンクに差し替えると糞記事かどうかわかる

僕がまだ稼げていないころのメインブログの収益って元々アドセンスで10万+アマゾンアソシエイトで3万ぐらいだったんすよ。

アマゾンアソシエイトはずしてA8ネットとかアフィリエイトB等のASPとかに差し替えたら一気に40万ぐらいに跳ね上がった経験がある。

 

 

そのとき差し替えてからしばらくして気づいたんだけど商品が売れないページってSEOのために書いた記事だったのよねー。

いまの僕が読んだらうわぁ糞記事だわ・・・読んで損した。っていうレベルの。

 

アマゾンはクリックさせればOKなんだけどアフィリエイトは成約までいかなきゃいけないんで糞記事だと物売れないんすよね。

 

僕はその事実に気づいてから記事書くときめっちゃ考えるようになりましたね。脳みそフル回転。

 

そうして書き続けるうちに記事の質どんどんあがっていったんでブロガー諸君にはこの手法をお勧めしておく。

 

 

ちなみに成功すれば報酬もうなぎのぼりである。アマゾンって報酬額いいとこ5%だけどアフィリエイトならひとつ売れば4000円とかざらにあるからね。

 

月収が何倍にもなり記事を書く力もつく。まさにうってつけ。

 

売れない場合はこれ使って頑張れ。

 

 

 

 

アフィリエイトで稼げないのは3年後の自分がリアルに想像できないから

友人の小田君と焼肉いってきたんだけど肉焼きながらアフィで稼げないのってなんでやろなーって話になった。

小田君は死ぬ気でやってないからとかいう根性論出したんだけど僕は死ぬ気でやってなくても稼げたのでこれはちょっと違うなと思ったわけ。

僕は3年後の自分をリアルに想像できないからって答えたんだけど案外これあってるきがしてきた。

小田君には馬鹿にされたんだけど・・・。

 

 

1年で100万稼げなかったら死ぬといわれたとき人は行動できるか

僕は出来ない人間多いと思うんですよ。いやマジで。

死ぬって言われても想像できないじゃん。

死ぬ気で頑張るとかよくいいますけど僕それ聞くと「えーしなない程度にがんばればよくない?」とか思っちゃうタイプです。

あ、そうそう死ぬ気で稼ぐ!とか絶対稼ぐ!とか多用する人たまにいますけどあーいう人間はとにかく俺頑張ってるアピール大好きー!な人間多いんで注意すべし。

そんなんいうてる暇あるなら死なない程度に頑張れよといつも思うんですよねー。

 

1年で100万稼げなかったらふくらはぎが1時間ごとにつる奇病にかかるとどうなるか?

っていわれたら足つったことのある99%の人が稼げるようになると思うよ。

だってふくらはぎつったら超痛いじゃん。焼肉食った帰りにふくらはぎつったんだけどもうあれ超やばかった。

あんなんが1時間ごとにくるなら必死こいて作業するわ。死ぬ気で頑張る!

 

なにがいいたいかといいますと人はぼんやりとしか想像できないことには頑張れないがリアルに想像できることは頑張れるということです。

これはアフィリエイトにも通じることでして作業が継続できないのは端的にいうと稼げる未来が見えないからです。

いくら記事かいてもPV増えないし広告はってもクリックされない・・・。こうなるともう稼げないって言う未来が見えちゃうんですよね。だから皆やめます。

 

僕の場合も同様で全然稼げる気配ねぇな・・・って感じで半年だか1年だかでアドセンスの29円が初報酬だったかなー。

僕のいままでの努力が29円・・・空しいって感じでやめそうになったことあったのよね。

そんときに考えたのが27歳フリーターで貯金なし資格なし正社員なしの僕はここでアフィやめたら3年後にどうなってるのかなーって考えたときすげぇリアルな想像ができたのよ。

30歳無職フリーターになって面接に落とされまくるであろう未来しか見えなかった。

今のままだと3年後に確実に30歳無職フリーターになる!という危機感だけでアフィ作業毎日やってましたね。

記事を毎日書くなんて今なら絶対出来ない。

 

 

アフィリエイトの初期で稼げなくて継続できなーいって人は3年後の自分をリアルに想像してみればいいんじゃないだろうか。

リアルに想像できない人はウシジマ君読めばいいと思う。あれマジで人生の底辺がリアルに書いてありすぎて読むと暗黒面に落ちてヤバイ。

僕はメンタル論あんますきじゃないんですよね。すぐ根性論になっちゃうから。

アフィって継続すれば絶対稼げるんで稼げない時期いかにモチベを高く保つかっていうメンタル論はもっと知られるべきだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

WEBライターの単価って冷静に考えて安すぎる

僕のメインサイト経由でライターの依頼があった。

僕のサイトに来るメールって大体はおっさんの相談メールかおっさんの愚痴メールかおっさんのクレームなんだけどたまにこういう真面目な依頼がある。

 

それでも殆どは○○社の者です。あなたのサイトは○○というワードで上位表示されており○○という製品載せてみませんか(得単あり)

みたいな感じなんだけど今回は弊社のサイトで記事を書いて見ませんか?みたいな内容だったのよね。

スキンケア大学orヘルスケア大学だったらぼろくそにいった挙句断ってやろうと思ったんだけどそうではなかったので文章をざっと目に通したんだけど・・・。

 

1万文字前後で原稿料5万って安すぎない?文字単価5円なんやけど・・・。

僕が1万文字書けばおそらくおおはずれしても月1万円の報酬が発生する記事は絶対出来るし大当たりして上位表示取れれば月20~30万だ。

最低でも年換算だと12万ぐらいになるので割に合わなさ過ぎる・・・。

えーやだなー断りてぇな。これピンハネされてるんじゃねぇの。

って思ってWEBライターの報酬ネットでチェックしたらこれでもくそ高いほうでびっくりした。

文字単価1円とかざらにあるんやな。

 

あーこれアニメーターとか介護とかでよくみる給料問題だわー。

 

ライターの単価が安いと害虫祭りになってネット検索が汚れる

 

webweb.jp

僕もまぁ健康と医療関係のアフィでくっているので興味深く記事を読んだ。

いくらフレッドアップデートってぺらいコンテンツがとばされるようになっても1000記事とか書けば数の暴力でグーグルさんに評価されるんすよね。

そのごりおしパワーで医療系記事を上位表示させているんだけどこれって全部単価の安いWEBライターが書いてるわけだ。

医者は名前貸してるだけやな。あんなぺらい内容を医者が書くわけない(書いてるなら医者やめちまえ)

文字単価1円として3000文字を1000記事だから300万か。

うーん安い?安くない?

 

この問題を防ぐにはWEBライターの文字単価が10円ぐらいになれば解決する。

 

というのは現実的に無理なんで医療系サイトの被害者が訴えるのが一番いいと思う。

医療系サイトで糞記事を書くと訴えられるというのが広まると医者は誰も名義を貸さないし会社のブランドも傷つくし糞サイトは消えると思うんだよね。

ただまぁ訴えるっていうのがハードル高いよなー。よっぴーあたりがガツンときりこんでくれへんかなと密かに思ってる。

 

 

 

 

 

 

2chのアフィ嫌いはすごい

僕たまにアフィブログエゴサするんですよ。

ブログに対する他人の意見というのは結構貴重なんですよねー。

皆コメントってあまり書かないからなおさら。

ユーザーさんの役に立つ記事を限りなく書いているつもりでも読者さんから役に立たねーなこのブログってなると僕生活できないからね。

だからエゴサで調べるんだけど概ね高評価だったようでほっこりした。

 

そう2ch以外はね。

 

 

今日2chざっとみてたんだけど僕のブログお勧めだよみたいな書き込みがあったんすよ。

するとアフィブログはるなや!カス!というようなレスが5~10レスぐらい続く。

 

もうなんていうかすごい勢いでアフィに親でも殺されたのか?っていう勢いだ。

 

その後またお勧めのサイト(notアフィ)みたいなのはれらたんだけどええやん!サイトに書いてあること検討してみるかみたいな反応だった。

ちなみに僕も読んでみたけど内容うっすいし知識間違ってるしこの通りに対処すると間違いなく悪化するし控えめに言ってもやばいサイトだった。

 

2chはアフィ嫌いって知ってたけどここまでとは思ってなかった。尋常じゃない。

はてな民もアフィ嫌いだしネットに詳しい人ほどアフィ嫌いなんやなーって思う。

 

初心者がアフィやるときはネットに詳しい層は避けたほうがええかもしれん。

例えばネットのバイト求人アフィとか。

アフィリンクだけ避けられて儲からなさそう。

 

 

 

 

 

アフィリエイトは量から質へと変化している

フレッドアップデートが来る前は最低1500文字で200記事ぐらい書けばグーグルさんから君は記事の質はまぁまぁで文章量も最低限基準を満たしているね。頑張ってるねー!順位上げてやるよ!

 

みたいな感じでまず上位表示(1ページ目)できたんだけど最近はその最低限の基準というのがあがっているように感じる。

端的に言うと僕の書いた焼肉記事手法はもう古い。陳腐化早すぎませんかね。

 

と書くとじゃあどうすればいいんですか!!みたいなコメントやメールがわらわら沸いてくるんだけどとりあえず記事書いたら?どうせ100記事書き終わってないしリライトおわってないんでしょ?と先に返信を用意しておく。

 

なにはともあれ初心者はまず量をこなさないと質のいい記事なんてかけないので結局は焼肉記事みたいに記事を量産するしかない。

 

質のいい記事というといろいろな解釈があるんだけどはてなの場合は「パズる」というのが質のいい記事かどうかの目安になっていて僕の記事で唯一パズったのがこの記事。

 

アフィリエイトを初めて2年で月収150万を超えたので月30万稼ぐブログの作り方を教えるよ! - aokagekunのブログ

 

これは文字数1万文字ぐらいだったかな?アフィリエイト教えたら焼肉おごってやるよ!(ブログで10000文字な!)といわれたのでウキウキで書いた焼肉記事。

僕の中では完成度40%ぐらいの記事。誤字脱字多すぎ、画像なさすぎ。まだまだ書きたいことあるけど1万文字超えるので終了の3点セット。

 

この記事がパズってから記事数少ない(当時は3記事)のにアフィリエイト ブログとかいう結構でかいワードで上位表示取れてたりするしはてぶパワー強い。収益に繋がらないから糞どうでもいいのがただただ悲しい。

 

ようするにはてなアフィリエイトやる場合稼ぎたかったら「パズる」というのが一つの近道なのだ。

「パズる」とそのブログの評価があがり他の記事の順位もあがるのはほぼほぼ間違いない。

百発百中で「パズる」というのは難しいかもしれないが「パズる」文章が書けるような人は質のいい記事を書けると思ってもいいんじゃないだろうか。

 

逆に「パズらない」記事というのは質が低い(読んでも役に立たない)とも言える。

例として出すならいま僕が書いている文章とか。超手抜きだよ。読者の事とか全く考えてないもんね。