読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ブログに好きなことを書いたら稼げる」ってほんとだよ。もっと大事なのが継続だよ

nyaaat.hatenablog.com

 

読んだ!中々よかった(こなみかん)

 

僕はブログで好きな事書いてたら偶然稼げてしまったのでその視点から書いてみる。

 

 

 

ネットで捜しても悩みが解決せーへん!せや自分で書いたろ!

僕にはとある悩みがあった。皮膚トラブルの悩みだ。他人にとっては些細なものだが自分にとってはとても大きなものだった。

かなり深刻でコンプレックスだったんだけどネットで捜しても出てくるのはキュレーションサイトのどうでもいい情報ばかり。

皮膚トラブルの悩み持ってる人ならわかるんだけどスキンケア大学とかああいう類のサイト。スキンケア大学ヘイト高い。

 

そういうわけで僕はその皮膚トラブルの解決方法を自分で書くことにしたのね。その時はすごくモチベーションが高くてほぼ毎日更新していたと思う。

 

ブログを書く作業時代は楽しかった。皮膚に関しての知識もぜんぜん知らなかったし勉強すればするほど自分の皮膚が治っていったので。

 

それから半年ほどたちアドセンスでPV数も10万を超え月2~3万の収入を得ていたころコメントもぽちぽちとつき始めたんだけど特に多かったのがお勧めの化粧品ってありますか?という問い合わせ。

 

そこで化粧品のアフィリエイトリンクを差し込んだら月に40本売れた。単価は1500円。一気に月収は10万円になった。

 

そこから収益を更に伸ばすため試行錯誤するも売り上げが伸びず・・・

そこからはもう自分のためというよりお金儲けの為にブログを更新するようになっていた。

SEOを意識したタイトル。読者の目線を意識した記事。ブログのレイアウト。広告を挟む位置・・・。

 

しかし記事は書けども書けども商品はぜんぜん売れない。

いつしかブログを書くのが苦痛になり更新頻度は3日に1回。1週間に1回。最終的にはコメントを返すだけでブログの更新はしなくなった。

 

更新を止めてから半年後皮膚トラブルが再び再発する。

 

ブログの更新を再び再開!アフィリエイトをして爆発的に収益が伸びる

 

ブログの更新を再開し始めたんだけどそこからはお金稼ぎの事なんて気にせずにガンガん書いた。皮膚トラブルが再発してとにかく治そうとネットで調べてその知識をまとめた。

そこから1年たったころブログを再開したときに書いた記事からガンガン賞品が売れ始め月収は100万を超えた。

 

 

というのが僕がブログで稼いだ経緯なんだけどどうだろうか。

 

物を売ろうとして全然売れず物を売ろうとしていない記事からガンガン物が売れるというのは当時?????みたいな感じだったんだけどいまならわかる。

 

は売買の基準が「理性」ではなく「感情」によって決定されている。

 

なので自分のおもうがままの感情を書きなぐった記事のほうが賞品がよく売れる。

 

そういうのってその物事に関心(好き)がないとかけないので好きな事を書けるってのは稼げる方向に繋がると思う。

 

好きな事書いているのに稼げないってのはアフィリエイトはってない(アフィリエイトはったら嫌われるとか思ってる。大丈夫いい記事なら商品がばんばん売れます)

 

いい記事の具体例を挙げるなら僕アニメ漫画が好きなんだけど他人のレビューサイトとか結構見るのよ。やっぱ面白い作品よんでみたいやん?

レビュー見るとわかるんだけどレビュー書いてる人がそれを好きかどうか一発でわかってしまう。

nyalra.hatenablog.com

好きって言うのはこれぐらいの熱量がないと駄目だ。アニメ好きなんだろうなぁっていうのが伝わってくる良記事。僕にはこんな熱意のこもったレビューかけない。

 

 

ブログで稼ぐにはハードルを低くすること!継続は力なりだよ!

ブログで成功してるしてないって継続できてるかどうかなんだよね。

稼げない人ってとにかく理想が高い。ブログで生活するとかPV30万超えるとかさ。

普通の人はどうしても他人の評価とかきになっちゃうんでそこがネックなのかなー。

僕がPV10万超えたときは記事数100↑ぐらいだったきがするからそこらへんまで継続できればどんなブログでも諭吉1枚分ぐらいは稼げるだろう。

かかる期間は半年ぐらいかなぁ。そんだけ書いて諭吉1枚かよ~とか思う人は理想が高いんだよなー。

ブログは月1万稼げれば大成功と思ってるのおれだけ?会社で基本給1万あげるのに半年であがる?あがらないでしょ?

って考えるとブログってやっぱすごいなーって思うんだけどな。