アフィリエイトはじめるときにえらんではいけないジャンル

僕は最初アフィリエイトはじめるときにクレジットカードに手を出したんですよ。

クレジットカード売れるかなって!そんなてきとーな理由で選んだもんで売り上げは当然ゼロ。

アフィリエイトリンクはってクリックされないとかキーワードが上がらなくて報酬ゼロとかそんな生ぬるいものじゃないんすよね。

アフィリエイトって案件のリンクを張るときにその案件の承認が必要なものがある。

僕は30記事ぐらい書いてたんだけどクレジットカードの案件10個ぐらい片っ端から申し込んで全部否認されました。

これぞ修羅の国・・・これがクレカ・・・。もうおしまいだぁ!

っていう僕みたいな悲しい過ちを繰り返さないためにも是非最初のジャンル選びは慎重になってもらいたいものであります。

ちなみにこれは特化サイト作るときのことなので雑記ブログとかは関係ないです。

 

 

 

訂正の多いジャンルは避ける

まず大前提としてアフィリエイトっていうのは1人で作業を行なうものです。

外注とか組織化とかありますがあーいうのは稼いでる人がやるべきものであって最初は黙々と一人で作業します。

一人で作業する場合訂正の多いジャンルに挑むと訂正しているだけで精神が磨耗する。

わかりやすいのは今稼げると話題の格安SIM。

僕は全然詳しくないんだけど知り合いが訂正辛い辛いいうてた。

いまネットで調べたら17社ぐらい選択肢があって出る商品も変わって値段も変わって規約も変わる。

こーいう毎年新商品が出て訂正が必要なジャンルとかはほんとさけたほうがいい。

一人でやってる僕でも半年に一回ぐらいの頻度で案件が終了してリンクの差し替えとページの修正やったら2~3日かかる。

 

差別化が難しい案件(稼げる案件)

主にクレカ、株、FX等の金融案件とか。

僕この前クレカ申し込んだんですけど上位で表示されているページから適当にクリックして申しこんだんですよね。

そんときにアフィリエイター目線でざっとサイトをみたんだけどこれ差別化無理だわって思った。

いま仮に僕がサイト作るなら外注さん雇って記事書いてもらってカードの特徴を並べて比較するという感じになんだけどこれは誰がやっても同じ。差別化できない。

ユーザーは悩みがあってそのサイトを訪問しているわけだけど(この場合はクレカがほしい)その悩みに対するQ&Aが必ず羅列されている。

上位表示されている1~5位で悩みが解決されてしまうので新規が入るのは相当難しい。

差別化が難しい案件=稼げる案件(1位とると月100万↑が約束されているワード)なんですよねー。

 

差別化できる案件こそが稼げる案件である

僕はねスキンケア大学ヘルスケア大学大嫌いなんですよ。

いまプチ炎上してるけどさっさとつぶれないかなとマジで思ってる。

僕が皮膚に関する悩みを死ぬほど解決したいときにネットで検索していたら必ずこいつが上位表示されてたんだよね。

でそこで書かれている記事って糞の役にもたたない。

僕が知りたい情報が載ってない。それ知ってるわ!!というような突込みどころ満載の記事なんすよね。 

こーいうユーザーの悩みが解決できないあるいは当たり障りのない情報しか載っていない記事が1位を取っているジャンルは稼げる。

 

差別化する際のお勧めのASP

 

って感じでアフィリンクはったらどれぐらい稼げるんだろう。月3000円ぐらいはいくんすかね。しょぼい。しょぼくない?

久々にブログ覗いたら読者登録めっちゃ増えてるんすけどこのブログ読みにくくない?

画像はってないし(手抜き)誤字脱字訂正してないし(手抜き)酒のみながら書いてる(手抜き)