アフィリエイトは量から質へと変化している

フレッドアップデートが来る前は最低1500文字で200記事ぐらい書けばグーグルさんから君は記事の質はまぁまぁで文章量も最低限基準を満たしているね。頑張ってるねー!順位上げてやるよ!

 

みたいな感じでまず上位表示(1ページ目)できたんだけど最近はその最低限の基準というのがあがっているように感じる。

端的に言うと僕の書いた焼肉記事手法はもう古い。陳腐化早すぎませんかね。

 

と書くとじゃあどうすればいいんですか!!みたいなコメントやメールがわらわら沸いてくるんだけどとりあえず記事書いたら?どうせ100記事書き終わってないしリライトおわってないんでしょ?と先に返信を用意しておく。

 

なにはともあれ初心者はまず量をこなさないと質のいい記事なんてかけないので結局は焼肉記事みたいに記事を量産するしかない。

 

質のいい記事というといろいろな解釈があるんだけどはてなの場合は「パズる」というのが質のいい記事かどうかの目安になっていて僕の記事で唯一パズったのがこの記事。

 

アフィリエイトを初めて2年で月収150万を超えたので月30万稼ぐブログの作り方を教えるよ! - aokagekunのブログ

 

これは文字数1万文字ぐらいだったかな?アフィリエイト教えたら焼肉おごってやるよ!(ブログで10000文字な!)といわれたのでウキウキで書いた焼肉記事。

僕の中では完成度40%ぐらいの記事。誤字脱字多すぎ、画像なさすぎ。まだまだ書きたいことあるけど1万文字超えるので終了の3点セット。

 

この記事がパズってから記事数少ない(当時は3記事)のにアフィリエイト ブログとかいう結構でかいワードで上位表示取れてたりするしはてぶパワー強い。収益に繋がらないから糞どうでもいいのがただただ悲しい。

 

ようするにはてなアフィリエイトやる場合稼ぎたかったら「パズる」というのが一つの近道なのだ。

「パズる」とそのブログの評価があがり他の記事の順位もあがるのはほぼほぼ間違いない。

百発百中で「パズる」というのは難しいかもしれないが「パズる」文章が書けるような人は質のいい記事を書けると思ってもいいんじゃないだろうか。

 

逆に「パズらない」記事というのは質が低い(読んでも役に立たない)とも言える。

例として出すならいま僕が書いている文章とか。超手抜きだよ。読者の事とか全く考えてないもんね。