月3万しか稼げなかったブロガーが2ヶ月で月50万稼げるようになった話

実は日々RimWorldをやるかたわらブログのコンサルをしておりました。

RimWorld面白いんでマジお勧め。

aokagekun.hatenablog.com

 

僕は過去こういう過去記事を書いていてこれを書く前はブログ教えてください!というブログカスがうじゃうじゃいたんだけどピタっとやんだので書いた意味はあるかなぁと思っている。

この記事を書く前後ぐらいに僕の記事を参考にして200記事書きました!稼げません!人生かかってるんです!助けてください(1万文字ぐらいの長文)が僕に届いた。

その場でアドバイスをしたんだけどその後もちょくちょくいろいろと教えていた。というよりガッツリ教えていた

それから2~3ヶ月ぐらいで月3万しか稼げなかったのが月50万稼げるようになったのでブログのネタにちょうどええかなーと思ったので書こうかと思う。(本人の許可はもらってます)

 

Cちゃんのブログスペック

Cちゃん(僕が教えていた子)のスペックはこんな感じ。

化粧品で200記事。

文字数は1500~2000ぐらい。

PV数は10万。

ジャンルはニキビ。

アフィリエイトにおいてニキビは激戦区。

報酬単価1万円とか普通にある=報酬が高いので激戦区。

アドセンスによる収入が15000円ぐらいでアフィが15000(アマゾンが10000)円ぐらい。

 

うん。スペックだけ見ると悪くない。というか全然いい。

ただ特化ブログでアフィが15000ってのは寂しい。アマゾンが10000円だし。

まーでも成約取れてるんだよね。

アフィの大きな壁は初成約。

次に10万の壁じゃねーかなぁと思ってる。

10万の壁越えた人で最終的に100万こえなかった人ってあんまりいないと思う。

 

手始めにカス記事を削除

まずやったのが読まれていない記事の削除。

読まれていないカス記事あるいは僕が読んでて価値ないなって思った記事を100記事ぐらいは削除した。どうしてものこしたいと思うものはリライトしてもらった。

Cちゃんのブログ全体の平均ページ滞在時間が70秒ぐらいしかなかった。

平均ページ滞在時間はグーグルアナリティクスで見れます。

ちなみに僕のブログは平均ページ滞在時間500秒ぐらいある。

平均ページ滞在時間がよければ必ずしも上位表示できるわけではないが僕の経験上平均滞在時間が著しく低い場合そこを重点的に改善すると上位表示できるあるいは順位があがるケースが多かったので。

100記事ぐらい削除して平均ページ滞在時間を計測したところ他の部分の改善とあわせて250秒まで改善した。

PV減るかなーと思ったらむしろ2万ぐらい増えたのでやっぱりカスページが足を引っ張っていたんだなという印象。

 

リード文の改善

いわゆる見出しの部分である。ここで読者の興味を引かないと売れない。

冒頭からニキビで悩んでいませんか?等という当たり障りのない事書いていてこれは商品売れないわというのがひしひしと伝わってくる。

僕「この記事誰に向けて書いてるの?」

Cちゃん「ニキビを治したい人です!」

 僕「まーそうだよな・・・普通そうなるよね。」

アフィリエイトにおけるペルソナ(読者層)を絞るというのは練習しないでできる人(天才)と練習しないとできない人とそもそも重要性に気づいていない人の3種類がいる。

「ニキビ お勧め 化粧品」とかそういうメジャーなキーワードだとペルソナ絞れないんで「背中ニキビ 結婚式 隠したい」とか検索意図が明確であるニッチなワードでペルソナを絞って書く練習をしてくださいと指示した。

なったことないからわかんないって場合はヤフー知恵袋で調べるという一言を添えてね。

これがよかったのか指示した2ヵ月後には明確にペルソナを絞るコツを掴んで書ける様になった。

指示しながら思ってたんだけどブロガーってメジャーなキーワードしか狙わないからペルソナ設定ド下手なんじゃないかと。練習しないとかけないよね・・・。

だからアフィリエイトやっても稼げる人が少ないんじゃないかなぁと。

 

これ使って成約取れている記事をリライトしたところ成約が取れている記事が2件から20件となり成約が10倍に増えて月収も10万前後増えた。

更に書いた新規記事からもばんばん成約が取れるようになって更に10万プラス。

 

化粧品ランキングを廃止

僕「化粧品ランキングやめよう」

Cちゃん「なんでですか?」

僕「一言で言うと読者の信用を落とすから。友達にニキビ用化粧品薦めるときにランキング形式でお勧めするか?赤ニキビなら化粧品よりまず病院へとか。とか顔ニキビなら肌荒れしない優しいこの化粧品いいよ。とかお勧めしない?」

 

ランキング形式もメリットはある(ランキングのステマによる得単やぱっとみのわかりやすさなど)

でもこういうのってでっかいメジャーなワードでないと中々成約しない印象があるので。

悩みの深い人はランキングサイトでは買わないし(僕なら買わない)Cちゃんのサイトはロングテールなので相性が悪かったというのもある。

誰でも書ける記事ではなくCちゃんだから書ける記事を書くように

どんだけ頑張って気合入れてコンテンツ書いて1位取ってもコピペしてリライトしてリンクぶちあてられたら順位がひっくり返ります。

僕のブログもしょっちゅうやられてます。今年だけで30個ぐらいのブログ及びサイトにぱくられました。むかつきます。

まーそれでも僕が生き残ってるのは僕だから商品を買いたいという層が一定数いるからなんですよね。

Cちゃんだからこの化粧品買ったよって言われるサイトを目指してねという事。ランキング形式をやめたのもその一環。

悪い言い方をすれば信者。良い言い方をすればファンを作れるコンテンツを作りましょうということ。

企業理念みたいなもんです。ディズニーランドは遊園地ではなく「夢がかなう場所」

そういうのをブログで個人でも表現していきましょうって事です。

僕の理念というか原点は「ネットって糞みたいな情報しかないから自分が見て参考になるブログを作る」です。

 

これは即効性はないんだけどアフィリエイトで食っていくなら大事な部分なので。売り上げにはあんまり関係ないんだけど話しておいた。

 

 

アマゾンリンクをASPに切り替え

僕「アマゾンリンクはASPのリンクに差し替えよう。アマゾンだと売っても200円前後にしかならないけどASPなら4000円以上にはなる。」

Cちゃん「でもアマゾンのほうがASPより絶対いい商品なんですよ。効果も高いし値段も安いしユーザーさんの為になります。」

僕「でもそれやってるとマジで稼げないで?アマゾンとASPだと儲けに40~50倍ぐらい差が出るから。」

僕「少なくとも借金返せるまではそのこだわりは捨てなきゃ。ユーザーの為より何よりまずは自分の明日の飯の心配しなよ。そういうこだわりは稼げるようになってから」

 

アフィリエイターあるあるだと思うんだけど自分がお勧めできない商品をユーザーにお勧めするのは倫理的にどうなの?って話。

転職したことないのに転職サイトのアフィはったりとか。水素水にガンが効くとかいってアフィはったりとかそういうアレね。

理想は自分がお勧めする商品をユーザーにお勧めすることなんですけど現実問題それってできないんすわ。稼げないんで。マジで稼げない。生活できない。

かといってユーザーとか知らん。俺さえ金稼げればなんでもいいよ。騙される情弱が悪いってスタンスをとるのは人として超えてはいけない一線だと僕は思うんですよね・・・。

情弱から金をむしりとるビジネスって短期的にはすげー稼げるんだけど長期的に見ると絶対稼げなくなります。

ただしこれ突き抜けると炎上しまくってナチュラルリンク貰ってドメイン強くなるんで炎上に耐えれる人ならありです。

これで成功しているのがイケダハヤト氏、はあちゅう氏あたりです。

 

とはいえグーグルが炎上で獲得したリンクは順位下げるみたいな事いってるんで将来的には通じなくなります。まだまだいまは大丈夫ですが。1年後ぐらいは怪しいです。

 

Cちゃんにはそういう風な事を話して自分の食い扶持が確保できたら好きにしていいよという事を納得してもらいました。

 

ちなみに僕の場合は悩みが解決できない商品は売らない(水素水でガンが治る等。)

人に人生を破壊するもしくは影響力の大きいアフィはしない(キャッシングや転職、生命に関わる病気等)

悩みを解決できる商品なら高くても売ってOK(ただし記事の内容は誠実に。他より誠実な情報を提供するからその分商品代高めに貰うでみたいなスタンス)

 

ってなかんじで線引きしてます。

 

これでアマゾンの報酬はゼロになったんだけどASP経由で商品が売れるようになって20万報酬が増えた。

 

記事のリライトで20万。アマゾン→ASPの差し替えで20万。新規記事追加で10万。合計50万増えました。

 

ブログで稼ぐってきっかけさえあれば一気に伸びるんだなぁと思いました(こなみかん)