このブログのブランディングとか運営を考えるメモ的なもの

まずこのブログは1日に調子よければ2000PVいく程度で月間PV5~6万ぐらい。

このままはればジャンルにもよるがアドセンスで月1~2万ぐらいか・・・。

息抜きでやってるにしては悪くない。というかむしろかなりいい。カテゴリも最初だけ分類してあとは未分類だし画像も最初の2記事は頑張ったけどあとはめんどくさくなって画像も殆ど殆ど入れてないし・・・。

息抜きにしても酷すぎるブログだ・・・。読者に申し訳ない。がカスタマイズはそれ以上にめんどくせぇ。誰かやってくんない?そのかわりブログのコンサルするから・・・。

 

僕のブログ40記事か50記事かたぶんそれぐらいだと思うんだけどほとんどがカス記事だからそれを消せばもうちょいあがるはずだ。

僕が本気で書いた記事というのは2記事。小田君のためにというか焼肉をおごってもらうためにかいたものだ。僕の中では焼肉記事というカテゴリになっている。

いずれも時間差でバズっている。というより最初に書いた記事はバズるというより口コミだ。書いてから3~4ヵ月後ぐらいに拡散されていた・・・。

僕はツイッターやってないんでどうしても時間差になる。

ちょっと手の込んだ息抜きに書いた記事は3000文字程度だがブクマが10~20ぐらいついたり全くつかなかったり・・・ちょっとよくわからない。バズる記事を書くというのは練習が必要である。

本気でかけばバズるがちょっと手の込んだ息抜きに書いた記事はバズらないということはやはりバズらないなにかがあるのだろう。

ちょっと手の込んだ息抜き的な記事は5記事ぐらいだろうか。

 

つまり本気で書いた記事は10記事もない。つまり本気を出せば稼げる!!

なんてのは稼げないやつが使う典型的ないいわけである。現実はそんなに甘くない。

本気の記事というのはそう簡単に書けるものではなく何より時間がかかるし本人のやるきによって大きく左右される。

焼肉記事とかも執筆に3日ぐらいかかっている。人は焼肉が絡むと真剣になれる生き物なのだ。

 

仮に本気で収益化を狙うとしたらちょっと手の込んだ記事を量産してプチバズを狙いそこで1位をとって検索流入とアマゾンリンクをはって収益化を狙う。

アフィ記事を書くときだけは全力でペルソナを絞って収益を狙うという感じだろうか。

しかし売るものがない。売るものはASPの登録やアマゾンリンク等になる。

ノートやサロンで金を取るか・・・・?いやそれはあり得ない。

ノートで金を取れる程のコンテンツというのはそれは僕が本気で書いた記事である。絶対に無料で公開したほうがよくてバズる可能性は大いにあるしファンも獲得できるし自然リンクも獲得できる。

サロンは1000人ぐらい集客できるならいいが僕にはそんなプラットフォームはない。1000人いれば死ぬほど作りこんで1000円ぐらいで売れば僕も儲かるし相手も満足するだろう。

有益な情報をノートで3000円ぐらいで売ってますよーという奴はおそらく有益なコンテンツが提供できない。だからノートで中身を見せないようにして売るのだ。

サロンやノートでのこういう手法は最初は儲かるがおそらく2~3年後には消えている。

事実イケダハヤト氏、やぎろぐの人は信者からの集客に失敗している。

イケダハヤト氏は炎上によるドメインパワーで1位を取れるのでアフィ報酬が伸びている。信者がいなくても問題はない。

グーグルが炎上によるドメインの評価をマイナスにかえたりドメインよりコンテンツの評価を優先しはじめたら相当に厳しくなるはずだ。

やぎろぐの人はもうオワコンで彼にはコンテンツを作る力がない。コンテンツを作る力がなくてもブログのドメインが強ければ上位表示できるがそれもはてなブログからの追放により消し飛んだ。

では何を売っているのかのかというと生き方である。

生き方を売るというのはコンテンツを売るより非常に難しい。なぜなら生き方がぶれてはいけないからだ。信者が望む生き方をしなければならない。

生き方ががぶれると信者が減る。信者が減ると物が売れない。

生き方を売るには人生経験による土台あるいは信念や熱意が必要である。しかし彼にはそれがない。

自分に自信がない人はすぐに意見が変わる。そんな人に信者はつかないもんだ。

 

うーんサロンやノートは先例を考えるとやはり相当に厳しい。悪いイメージがつきすぎている・・・。

 

ではブログのコンサルだろうか。僕は人に教えるのは好きであるし教えるのも得意なほうだ。

うーんこれもまずない。例えば10万円でうけおったとしてその依頼主のブログがアフィリエイトに向かない案件であればほぼつんでいる。

仮に向いている案件であったとしてもどれだけ熱心に指導しても本人のやるきがなければ稼ぐことは出来ない。

じゃあ毎日書かせるようにメンタルまで指導するのか?いや僕にそこまではできない。が10万円もらうならそれぐらいはやらなければならないであろうと僕は考える。

となると無料で駄目な点を指摘するぐらいだろうか。

 

という風に考えると中々ブログ飯というのは難しい事がわかってくる。

本気を出せば月30万ぐらいはPVとアマゾンアソシエイト等で稼げるかもしれないが月100万は無理だろう。

でもこういうのって結局やってみなきゃわかんねぇんだよな。

ちなみに僕がこれを堂々と公表するのは僕がアフィリエイターだからである。

お金なんていりませーん!ブログが好きでーす!といってる人間が金儲けに走るとすごいたたかれるがお金も好きです!でもブログも好きです!という人間がお金儲けをしてもあまりたたかれない。

そこらへんの収益化の建前を考えるのが本来はすごく難しいのだけど僕はその点オープンでいけばいいと思う。

ブログをするのは全て自分のためであるし読者のためではない。大体なんだユーザーのために記事を書くって。すげぇうそ臭いではないか。そんな善人いるわけない。

記事を書くのも楽しいがお金儲けをしたいというのが僕の本音である。