ファン化さえできれば別ジャンルをぶち込んでも検索順位は上がるという仮説

 ファン化さえできれば別ジャンルをぶち込んでも検索順位は上がるという仮説を考えました!誰か検証してくれ!頼むー!!!!

あ、すげぇいい記事だったんでリンクあげます!!

mkg0731.hatenablog.com

 

 

welqがどんどん上位クエリを独占しているのを見たのに加え、格安SIMの広告主側の話を聞いているとかなり薄利多売のビジネスモデルで、今後アフィリエイターに降りてくる単価が跳ね上がる事はないだろうな、と感じていたのもあり格安スマホ学園に別ジャンルの記事を入れていく事を決意しました。

 

とはいえいきなり【脱毛】とか全く畑違いの記事を入れても上がらないだろうと考え、格安SIMに関係性があるジャンルとして、まずは【WiMAX】の記事を入れてみる事にしました。 その後半年後にはフレッツ光などの【固定回線】の記事も入れ出す事にしました。 【インターネット】という大きな枠の中に入ると思うのでこれならイケルかなって思ったんです。

 

実はこれ僕がすげぇやりたかった事で構想としては格安スマホ+スマホゲーレビュー(攻略)みたいなことやりたかったんすよね(格安スマホがゲーム向いてるのかはおいといて)

僕ゲームめっちゃすきなんすよ。

これができると何が強いかというと格安スマホでゲームをやりたい人が集客できる。ゲームレビューから格安スマホでもゲームできるんだーという層を集客できます。

従来の格安スマホサイト→格安スマホ関連しか集客できない。

格安スマホ+ゲームレビュー→格安スマホ関連+格安スマホからゲームアプリへの集客。ゲームアプリから来た人で格安スマホを使いたい人みたいな?

レビューが成功したら攻略も初めて・・・みたいな感じでやるとそれに対してコメントがつくんでそれもコンテンツになる。すっげぇ手間隙かかりますけど。

DSの脳トレソフトって普段ゲームをやらない層を取り込んだじゃないですか。任天堂はこういうのうまくてポゲモンGOとかもそうですよね。

スマホゲーやらない層が残ってる。

あーいうのがブログとかサイトでできると他サイトに負けない差別化ができて強いかなぁって。

たぶんこれ成功しても収益はそんなに伸びないんだけど突き詰めれば他にないという点で差別化を突き抜けて独自化できます。

そうなるとそのサイトは唯一無二になるんで息の長いサイトになるんすよねー。

 

これやってみてぇなーと思ってたんですけど僕が格安スマホに全く興味がもてないので作るのが苦痛すぎるという点とサイトのメンテナンスがだるそう。という2点で断念しました。僕個人でやってるんでそんなリソースも避けないし・・・。

このスマホの形状めっちゃすきやねん!とか熱く語れてたら絶対作ったんですけど・・・。

 

検証はできていませんが、【似たようなジャンルの記事(クレカとカードローンや住宅ローン、青汁とグリーンスムージーなど)を丁寧に入れていけばメインジャンルのクエリに変動はないけど、全く別ジャンルの記事は丁寧に入れても多少メインジャンルのクエリを邪魔するんじゃないかな】と感じました。  これからサイトの拡大を考えている方は参考にしてください。 *きちんと検証できていないので自己責任でお願いしますw 

そうなると、【ジャンルぐちゃぐちゃのブロガーの記事があがるのはなんで?】という問題が発生するのですが、これはある程度自分の中では想像できていて、

・記事アップのスピード

・検索結果1枚目の多様性

だと思います。

 

青汁とグリーンスムージならある程度の関連性のあるんで大丈夫なんじゃないかなぁ。僕馬鹿なんでデータ見ない(分析できない)んですけどなんとなーく体感でわかるんすよね。ぺらいと駄目ですが。

でも作りこんでも単一ビッグでは表示できないんでテールとか2語あるいは3語ワードとかで拾っていく感じになります。

スピード関係あるんかなぁ。マイナーなジャンルだったらドメインパワーでずーっと1位にいるという可能性もあるような無いような・・・。

 ジャンルぐちゃぐちゃのブロガーの記事が上位表示できるのはバズによるドメインパワーもあるけどその人のファンであればジャンルがまったく別のものでもきっちり読まれるからそれで上位表示できるんじゃないかなぁというのが僕の仮説。

 

僕はいろんなアフィリエイターのサイトみてきたけど全く関連性のない別ジャンルドーン!ってぶちこんだら普通はあがらないよね。

そのサイトを見に来ている人は役に立つ情報を見に来ているだけであってその書いている個人に興味は無いからだ。

例えるなら音楽でロックみにいきてぇなって思ってライブ会場いったらプロのクラシックみせられた。みたいな感じですからね。俺はクラシックがみてぇんじゃねぇ!ロックみてぇんだ!って普通はお客さんがきれる。

 

じゃあこれがミスチルみにいきてぇなと思ってだったらどうよ。ミスチルが歌う曲ならロックでもバラードでもクラシックでもアカペラでもいいしなんなら歌を歌わなくてもいいはず。普段の日常の話でもいいし握手会でも写真撮影でもディナーショーでもいいはずだ。ミスチルの歌が聞きたいんじゃなくてミスチル自体がすきなんだから。

これはブログでも同じ事が言えると思っていて関連性の薄いジャンルでもファン化できればきっちり記事が読まれてグーグルの評価があがる。というのが僕の仮説です。

更にいうと関連性の高いワード+ファン化ができれば単一ビッグであがる事も可能なんじゃないかと。

ただブログ界隈ではファン化できるぐらい面白いコンテンツを書ける人でアフィに精通してる人というのは殆どいないんでこの仮説を証明するのがまず難しい。

アフィ界隈ではファン化するライティングを意識している人は全然いない。なぜかというとそんなんしなくても稼げるからファン化しなくてもええわという問題があります。

 

うーん・・・うーん・・・なんか考えてたら頭痛くなってきたんで朝ごはん食べよっと!